2022年10月24日月曜日

最近の電子化された自動車に全く魅力を感じない

 

最近発売されている電子化された自動車に失望中。私が今乗ってる平成5年生まれの車もかなりボロボロで新車でも買おうかと実は何度も検討したことがあった。しかし最近の自動車にはエアバックシステム、ABS、電動パワーステアリング、電動ミラー、キーレス、など制御がすべて電動化してるとかコンピューターと連動というのが心配。過剰な複雑なおせっかいな装置が付けばつくほど故障したときに自分で修理できるのか?部品代は高くないか?古くなったときに部品が廃盤にならないか?とかとても心配になる。
一番嫌なのがメーターの警告ランプが最近の自動車にやたら大量についてること。じつはここ最近一個でも警告ランプが付いていると車検のとき車検ラインに並ぶことすらできず門前払いにされるのだ。つまりそれを修理しないことには絶対に車検は通らず公道は走れなくなるってこと。
私の古い車は警告ランプがたったの4個しかついてないシンプルさがじつは一番気に入ってる。最近の自動車にはエアバッグ警告灯やABS警告灯など昔の車にはなかったものが大量に付いてたりする。これがとても厄介で、経年劣化でセンサー類や本体が壊れたときに点灯して修理するためには多額な部品をユニットごとごっそり交換しないといけない。ABSとか本体が壊れてたら10万も部品代が必要だの最悪なことに。もちろん安全のためには必須で重要な部品なので修理しないといけないのはわかるのだが…。こういう罠?があるからどうも最近の自動車はほしくないんだよね。

そういえばこの近辺の年式のアクティを街でまだよく見かける(3気筒550ccの丸目のまでまだ軽トラでは見かける)理由は多分部品点数が少なくアナログで単純だからだろう。今時珍しいキャブレター式でエアバックもないABSもない、電動パワステなしで重ステ、制御もコンピューターなどなく単純なICユニットのみ。逆に後年のアクティやバモスとかあんな奴のほうが寿命が短かかった話も聞くし(あれはエンジンが欠陥品でガスケット抜けをよく起こしたからなんだけど)

そういえば最近問題になった島津タイマー事件。ある一定の期間が経過すると警告灯が点灯してまだ使えるのに部品購入を強要してたやつだ。なんか最近の自動車にもそれと似た嫌な設計思想(罠)が入ってそうでとても嫌。わざと10年で壊れるように脆く作ってあると疑ってしまう(まあ経年劣化しやすい電子部品なんだから定期的に交換しないと危険なことは理解するけど…)そんなとき仕方がないからディーラーへ修理に出すと部品代が新品だと10万円かかりますがどうしますか?みたいな金儲けに利用されてないのか?そこがとても心配(まあインチキで警告灯を騙す闇パーツとかあるらしいがそれもおかしな話だ)

最近の日本人向けの自動車販売も不景気で儲けが少ないから、プリンターのインク商法みたいなことを裏でコソコソやってそうでいまいち信頼できんですから。ソニータイマーなんてのもあったし。

そういえばOBD検査なるものがこれから車検で始まるようですね。故障履歴が残っているとまだ車自体のハードは使えるのに車検に合格しないとか。そういうブラックボックス化で心配なのがわざとメーカーが高額な部品が短い寿命になるように仕組まないかってこと(最近の日本製品にありがちなやつ。某ユーチューバーがエコキュートとかでも取り上げてましたね)あとその意地悪な自動車専用の部品を作ることで20年経過後も乗ろうとしたときに「もう部品がないですね。あってもすごく高いですよ?どうしますか?」みたいに仕向けられないのかも心配。内部のコンピューターユニットやセンサー自体が廃盤になればエンジン自体ハードはまだまだ使えるのに公道を走れなくなるとか出てきそうでとても嫌ですね。

電子化の流れは世界的にも止められないのはわかるが、もしもやりたいならWindows系のパソコンのように部品の全車共通規格化をやってもらいたいね(ソフト的には進んでるらしいがハードでもやってほしい)。電子部品センサー類は全メーカー共通規格にして、マツダでもトヨタでもホンダでも(理想を言えば外車でも)どの車も全世界同じ規格同じ端子形状で使いまわしできるようにしてほしいね。(そうすればボッタクリ修理の不正も減る)自作パソコンのようにマザーボードが壊れてもハードディスクや光学ドライブ、パソコンケース、電源は使えるのでマザーボードのみ交換すれば治るとかありますよね?まあそんなふうにしてもらわないと本当に困りますわ。もちろんガソリンエンジンのみならずEVでも部品の共通化はしてもらわないと困る。
SDGsなど環境問題とか取り組みたいならぜひやってもらいたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント返しが最近めんどくさくなってきました。
ブログを書く意欲が削がれると駄目なので、勝手ながら暫くコメントへの返信はお休みさせていただきます。