2019年1月19日土曜日

株主優待券 USBケーブル補修 リュックサック自作他

 最近の出来事いろいろ。
兄に三交の株主優待券を貰いました。
兄は私と違って裕福な人なので、時々こういったおこぼれを頂戴できます。
この前は、ゴールドカードを持っているらしく、イオンラウンジに連れて行ってもらえました。
せんべいとお茶を貰えました。

 ということでその商品券1000円分で何を買ったかというと、マツモトキヨシで洗剤5個。
ちょうど合計990円のお買い上げ。
10円はマツモトキヨシにくれてやりました。
そもそもあの店に10円の商品とかないようだし。

 買ったお店はここ。
マイカル桑名(イオンモール桑名)。
大桑道路の坂を上がったとこにあります。
結構デカイ店ですよ。
この商品券はマイカル桑名でしか使えないんですよね。

 それからまたUSBケーブルを細工してました。
ハンダこて、グルーガン、電気テスターなどを用意。
 スマホのUSBの端子のケーブルの根元がよく断線するんですよね。
むりやり赤と黒の線をハンダで極を間違わないようにつなぎます。
二本の線の他はつなぎません。
最近は、USBケーブルとパソコンをつなぐことがほとんど無いですから信号線は無視。
充電のみ使えたらいい。

 あともう一本も、むりやりUSB端子の樹脂の部分を切開して、断線してない部分のケーブルを取り出して
むりやりハンダで接合します。

 その接合部分の上から、ダイソーのグルーガンでしっかり固めてやり

ビニールテープで補強すれば、切れたケーブルもまた充電できるようになりました。
なんか見た目が悪いですがきちんと使えてますよ。

 それからリュックサックも自作してましたね。
布は100円ショップのシルクで買っておいたもの。
色が国防色っぽくてかっこいい。
100円にしては分厚くて大きい。

 これを手回しミシンで縫って作りました。
作製に夢中だったから、作製中の写真撮り忘れましたけどね。
 結構大きいのができました。
山菜リュックみたいなシンプルな奴に仕上げました。
作製費は総額約200〜300円ぐらいかな?

畳むとこれだけ小さくなる。
バイクにいつもこれを積んでおけば、急にハイキングしたくなった時に便利に使えそうだ。

 あと、モバイルバッテリーをまた衝動買いしてしまいました。
10800mAhです。
これは実は前から持ってたやつなんですが、もう一個あれば便利かなと思って買っちゃいました。
前は白でしたが、今回は黒色を選んだ。

商品名 ALPHA LING W-05

ヤフーショッピングで買いました。
値段は送料込みで1160円だった。
ポイントが42ポイント残ってたので、1118円で買えちゃいました。
この容量にしてはすごく安いですよね。
 数日でメール便で届きましたよ。

 パッケージはシンプル。

 充電は予め八分目ぐらいしてある

中身は、説明書と短いケーブルと本体、それからマイクロUSB端子をiPhone用に変換するアダプター付属

 短いケーブルが本体に直付けしてある。

 USBの大きな端子は一箇所のみというのが残念だけど、安いからね。

スマホの充電に活躍してくれることだろう。
最近はこのメインで使っているスマホ(楽天で680円で買ったやつ)のバッテリーも
1年半使いこんでヘタリ気味になってきてるから、モバイルバッテリーがあると安心できる。



2019年1月15日火曜日

東京五輪 竹田会長の賄賂を肯定するマスゴミに怒り

JOCの竹田会長が2億円もの金を、実態のなさそうな会社に賄賂として贈り、東京オリンピックを勝ち取った疑惑について、
日本のテレビでは各コメンテーターが、竹田さんは悪くないみたいな解説を繰り返してることについて、私は激しい違和感を感じました。

こんなオリンピック招致活動で金品を渡したり接待する活動なんかどこの国でもやっていて、今更日本だけ悪者にされるのはどう考えてもゴーン拘留への仕返しではないか?
酷いですよね みたいな感じでみんな語ってましたね。
今日のミヤネヤの放送やひるおびの録画を先ほどyoutubeで見てましたが、
みんな竹田さんは悪くないみたいな意見でほぼ一致していて違和感しか感じませんでしたね。

確かに、他の国でもこういう大きなスポーツイベントで開催国を決定するときに、不正な賄賂工作とかしてたのは事実なんでしょう。
でもだからといってあからさまに不正なことしたらあかんでしょ?
つまり、その彼らマスゴミ解説員の言い分はこれと同じことでは無いでしょうか?

スピード違反で捕まりました。
警察に30キロオーバーですよって注意された時に逆ギレして、
「他の車もスピード出してるじゃないですか?なんで私だけ捕まえるの?不公平じゃないですか!!ずるいよこんなの!!」
って往生際悪く警官に悪態ついて言ってるようなものなんですよね。
とっても恥ずかしいことなんですよ。

だいたい東京オリンピックが決まる前の日本の状況ですが、3.11の復興もまだまだ遅れていてみんな苦しんでた時なんですよね。
そんな時に、東京オリンピックみたいなお祭り騒ぎのためだけに招致活動で多額の税金を賄賂として世界にばらまいて使いまくってたとかホント許せません。
こんな汚いイメージのついた東京オリンピックはいますぐ返上するのが一番だと思いますね。




2019年1月11日金曜日

庭の軽バンアクティ 電気コードの穴を開けた 他

 庭に放置中の軽バンのアクティの室内へ、電気の引き込みをするための穴を開けたいので、
蓋になるようなのを探してたらこんなの見つけた。
排水パイプの蓋に使うやつ。
ネジが切ってあって、くるくる回して蓋にするやつです。
コメリで198円でした。

 穴を開ける場所ですが、リヤゲートにしました。
そのまま適当な位置に穴を開けると、中に骨組みの鉄板があり穴あけが大変。
電気の配線もドリルの刃で断線させたりします。
鉄板の薄い場所や電気の線が来ていない位置を見つけるために内張りのプラ板をマイナスドライバーでコジッて外しました。
結構硬い。

 鉄板の薄い場所を見つけたので、ドリルで真ん中に穴を開けて、その穴から鋭く研いだマイナスドライバーをハンマーで叩いて
鉄板を切っていきました。
最初は柳刃の金切りハサミを使って切ろうと思いましたが、自動車の鉄板は意外と厚みがあって切れませんでしたね。

 ドリルで小さな穴を開けてヤスリで仕上げるのが結構骨が折れるので、プライヤーで鉄板を掴みながらむしり取るように鉄板を巻きながら切ってきました。
(アルミサッシの耳を切るときにやるような感じ)
 ちょうどいい大きさに穴が空いたら、コーキングをべったり塗って、排水パイプの掃除口を突っ込んでベチャっと接着します

 はみ出したコーキングを指でなぞって綺麗に仕上げて1日以上乾燥させます。

 40mmのサイズの掃除口で余裕で延長コードを通せます。

 こんな風に、延長コードを自動車内へ引き込めるようになりました。

 電気は母屋のコンセントから引っ張ります

 300ワットの小さな電気ストーブへ接続。
とても暖かい。
これなら電気毛布とかも持ち込んで中で寝ることができる。

 蓋を締めるとこんな感じ。
防水性もしっかりしてる。

 蓋が紛失すると嫌なので、紐を付けておきました。

ちょうど蓋の内側に、突起があったのでそこへ穴をドリルで開けて紐を通して結び玉でこていしました。

 それから、車検をとった3万円のアクティストリートの方ですが、どうもヒーターの効きが極端に悪い。
どうやらサーモスタットが開いたままになってるようだ。

 とりあえず、応急処置でラジエターの前にダンボールを貼っておきました。
貼るというか、紐で結んで留めてあるだけですけどね。
とりあえずサーモスタットの部品と冷却液は購入済みなので、また暖かい日を狙って取り付けようかと思ってます。
アクティはリアエンジンなので、エア抜きが苦労しそうで嫌ですけどね。

 それから、ダイソーでUSBハブ4ポートを買っちゃいました。
写真は購入してすぐ、ダイソー前のベンチに腰掛けてUSB端子に不具合がないか調べてるところ。
帰宅してから不良に気づいたらまた店に足を運ぶのが面倒ですからね。
最近品質の悪い商品があるので要注意。

 テストは合格。
全部通電しました。

 こんなのが100円とかすごいですね。
でもデータ転送とか遅いとかレビュー多いからオススメはしないですけどね。
私はUSBのLEDライトをたくさん光らせたいので買いました。

 そういえば、財布の穴がひどいので、グルーガンで補修しまくってますが、そろそろ寿命かな?




2019年1月5日土曜日

消耗した乾電池を最後まで使い切る作戦 ネオジム磁石

 今でも販売してるのかわかりませんが、単三電池二本をUSB電源にしてくれるグッズをセリアで昔販売してました。

 蓋を開けると単3乾電池2本の電池ボックスになってます。

 出力がUSBメス端子。
こいつを利用して、古くなった乾電池の中にまだ残っているエネルギーを最後まで絞りとる装置を作りました。

 まずは、電池の端子の部分に、赤の黒のリード線を半田で繋ぎまして、そのリード線の先端にも鰐口クリップなどの金属片(磁石でくっつく素材)などを半田でくっつけます。
(事務用のクリップなどでも良いかも)

 そして、ダイソーで売っている豆粒みたいな小さなネオジム磁石を単4電池の電極部分にくっつけて直列にして
リード線の先端の鉄に磁力でくっつければ電気が流れるので

USBのLEDライトが点灯します。

 他にも、この小さな磁石をうまく使えば単1電池もこの方法で簡単に繋げれます。

 事務のクリップをこのようにネオジム磁石でくっつければ簡単に直列にできますよ。

磁力で電極にペタンと繋げればいいだけ。
 あと、こんな風に単1電池と単4電池を混合で直列を簡単に作れる。
つまり、ネオジム磁石を使えば、いろんなサイズの電池ボックスをわざわざ買わなくても
いろんなサイズの電池を自由に接続できます。
これは便利。

 あとこのUSB電池のボックスですが、乾電池が2本ないと使えないわけでなく、なんと乾電池1本でも使えるのです。

 流石にスマホの充電などには使えませんが、USBのLED照明だけなら十分使えます。

電圧が3.4ボルトしか出ませんし、少し薄暗く感じますが、ろうそくの光よりははるかに明るいですね。

※注意事項 
電池はショートしたりさせると危険なばあいがあります。
火事になったり破裂する可能性もあるので、真似される方は自己責任でお願いします。
万一事故を起こされても当方は一切責任持ちません。