2018年10月12日金曜日

久しぶりに長距離ツーリング 航空博物館と犬山城

 久しぶりに岐阜にツーリングに行くことにしました。
最近は随分涼しくなってきましたので、CD90の風防の垂れ布を…

 こんな風に下げて冬仕様にしておきました。

 行きはなるべく裏道や交通量の少ない道を通っていくことに。
ここは四日市いなばポートライン。
港湾施設からの大型トレーラーとか走っていますが、交通量がかなり少なめで
しかも海の上の橋なのでとても景色が良い。
まだここは出来て新しいので、スマホのグーグルマップにも反映されてないですね。
穴場スポット

 それから裏道で桑名の九華公園あたりに抜けました。
ここにある道路沿いの歩道の駐輪場が前からに気なっていたんですよね。
市営駐車場の看板には、バイク一台100円と表示がしてあるので。
で、思い切って駐車場の管理小屋の人に聞いてみましたらなんとバイクは無料だそうです!

 この駐輪場に置ければ九華公園とかゆっくり散歩出来て便利ですね。
しかしなんでバイク100円と看板に書いたままにしてるんだろう?
消しとけばいいのに…。

 駐輪場の前(道路を渡った反対側)には高級肉屋の柿安があります

それから、国道一号線の古い伊勢大橋を渡りきって長島から堤防道路に入ります。
ここをずっと上流側に遡っていきますと…

 木曽長良背割堤に出ます。
実は今回ツーリングに行く前に河川事務所へこの道路を原付バイクが走っても良いかを電話で尋ねていました。
そしたらバイクなら通行しても良いんですよって教えてもらったんですよね。
このゲートは元々不法投棄防止のために作ったらしく、通行を制限する意図はなかったらしいのです。
あと自動車も河川事務所で許可をもらって鍵を受け取れば通っていいそうです。

 ただし、通行に関してはスピードはゆっくりで安全運転と緑地帯へバイクで乗り入れてモトクロスみたいなことをやらないでくださいと注意を受けました。
ということで、ゲート横のコンクリート製の黄色い車止めをすり抜けて中を走らせてもらいましょう。

 ここを走るのは何年ぶりだろうか?
昔はゲートもなくこんな綺麗に舗装されてなくて、砂利道でした。
水たまりの凸凹があるので結構神経を使いましたが、こんなに立派な舗装道路に生まれ変わっています。
時々、草を刈っている職員さんと会いますが、別にとがめられることもなく通行できました。

この堤防両側を川が流れているので、自然がいっぱい残っています。
とても気持ちいい道ですね。

 そしてこちらが出口側。
ここも監視カメラと厳重なゲート

 通行するにあたっての注意事項
 金属フェンスゲートの横の車止めをバイクで通過しました。
結構ぎりぎりの幅でした

この堤防から更に上流にずーっと走っていきますと、最終的には笠松競馬場や各務ヶ原方面に抜けられます
(ここから先の堤防道路は交通量多いのでこのバイクではキツかったですけどね)

 そして今回のお目当て。
ここを見に行きたかったんですよね。
各務ヶ原航空宇宙科学博物館
ここは屋外展示場で無料で見れます。

 ヘリコプターや

YS-11や飛行艇も間近で見れます。

そして今回はお金を払って中も見学してきます。
入場料は800円と少しお高め

 内部には旧日本軍の戦闘機の飛燕の実物が置いてあります。

 多くの戦闘機は敗戦後にアメリカの命令で破壊されましたが、この機体だけはアメリカ軍の基地に残されて展示されていたので
助かったそうです。

 あと他にも、飛行機やヘリコプターが多数展示してあって、なかなか見応えがありましたね。
それからここを見終わったあと、まだ帰るには時間がもったいないんで…

 犬山城まで行ってきました。
珍しい木造建築の昔からある本物のお城として有名ですね。
ここも結構高い入場料を取られましたが、せっかく来ましたので中を見学

 屋上欄干からの眺めは最高でした。

 あの橋は、昔車道に名鉄電車が路面電車のように走ってた橋じゃなかったかな??
ここからモンキーパークが近かったですね。
モノレールもあった記憶があります

 お城の中は昔ながらの作りそのままなので、階段がとても急です。

お城を見たあとは、犬山の街をぶらぶら。
レトロな町で観光客も多く、おかげ横丁のような活気のある雰囲気でありました。

 帰りも四日市いなばポートラインを走りましたが、夕日が綺麗で最高でした。
久しぶりに充実した旅を満喫できました







0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント返しが最近めんどくさくなってきました。
ブログを書く意欲が削がれると駄目なので、勝手ながら暫くコメントへの返信はお休みさせていただきます。