2017年11月27日月曜日

バイク牽引トレーラー(リヤカー)の連結部改良 高速旋回可能に

バイクで牽引するリヤカーですが、連結部分に問題があってバイクを倒し込むと
連結部分に負担が掛かってしまう問題がありました。

これが改造前の連結部分。
丸い金属の輪にシャックルの軸を通して連結するだけの簡単な構造。
これだとバイクをあまり倒し込めません。
(むりやり急角度で倒すと引っかかりが起きて連結部を破損する可能性があり大変危険)

ということで先端部を金ノコでバッサリカット。

連結部分の部品を溶接機で作る。

出来上がった部品をとりあえず万力で取り付けてみてバイクと連結してみて、角度や高さを確認微調整しておく。

そしてリヤカー本体に溶接機でしっかりと何度も溶接してくっつける。

溶接したら連結部を組み立ててそこらを試運転。
空き地でジグザグ運転、急旋回、高速走行などいろいろやってみる。
バイクもカーブの時十分に倒し込めていい感じで大成功。

あとはパイプの断面の穴埋めや溶接部分の仕上げ、スプレー塗装をして完成。
構造ですが、シャックルでバイクと接合する部分が自在に回転するようにしてあります。
軸の棒は16ミリの太いネジ棒を使っていて折れる心配もない。
抜け防止のために念のためナットを3重にしてガッチリ固定してます。

試運転の様子を撮影してみた。
ご覧のようにバイクを傾けてカーブをすることができるようになった。

バイクをかなり傾けてもいいので、高速に旋回するのも楽になる。
細い路地をUターンするのも簡単にできる。

鋭角カーブ試験。
連結部にひねりなど負担がかからないので、走行中の恐怖の金属破断事故リスクも大幅に軽減。


安心して高速に走れる。
ジグザグ運転も余裕。
後ろにリヤカーがついてることを忘れるぐらい快適。




検索 リヤカー リアカー トレーラー trailer バイクトレーラー CD125T 荷物運搬 荷車 運ぶ オートバイ 原付2種

スマートフォンで投稿

0 件のコメント:

コメントを投稿