2016年7月10日日曜日

hh3ホンダアクティバン バッテリー外部充電端子作製

アクティバンですが、バッテリーに充電するとき
荷室の床下にあるので、いちいち蓋を開け閉めしなければならなくて
充電しにくくて面倒。

そこで、シガーソケットより直接バッテリーに
充電できるように端子を作製します。

まず、材料は絶縁性のあるプラ板など。
たまたま不要な仕切りのあるプラ製のトレーがあったので
これに2個穴を開けて…

端子の材料になるネジを用意。

10アンペアのヒューズ内臓のシガープラグも用意して…

こんな感じに開けた穴に通して締め付ける。

プラス極には、油性ペンで印をしておき…

ネジの部分にシガープラグのケーブルを
極性を間違えないように配線して完成。

出来上がった端子のシガープラグをアクティバンの
ラジオの下のシガーソケットに挿して…

そのとき、間違ってもボディなど金属には
端子を触れさせないように安全な
絶縁されたシートなどの上に置いておき…

バッテリー充電器に恐る恐る接続。

どうやらヒューズも飛ばずにうまく充電できているようだ。

ただし、このやり方ですが、最近の乗用車に使えるかどうか不明。
盗難防止装置やら、いろいろ余分な電装がついてて複雑ですからね。
場合によっては自動車の電装が壊れるかもしれません。
真似される方らしいくれぐれも自己責任で。
それと、もしものためにヒューズもお忘れなく。

検索 蓄電池 バッテリーチャージャー 充電装置 自動車 軽トラック

スマートフォンで投稿

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント返しが最近めんどくさくなってきました。
ブログを書く意欲が削がれると駄目なので、勝手ながら暫くコメントへの返信はお休みさせていただきます。