2016年6月11日土曜日

三重県四日市にある廃な商店街 三和商店街 2016年6月の様子

2016年6月11日
久しぶりに、明るい商店街の
三和商店街へ行ってきました。
ここはJR四日市駅から歩いてすぐのとこにある。

木造のアーケード。
狭い通路が、昭和30年代の雰囲気を
出していてレトロ感が強い。
ボロボロで危険だが、営業中の店もあった。
玄関の前からカラオケの音が聞こえた。

アーケードの上に張ってあった
塩ビの波板もボロボロで空が見える。

ここはもう崩壊寸前。
危険なので工事用足場で落下物から
通行人を守る。

もう取り壊されるのも時間の問題かも。
空き家対策法とかできたし。

見に行くなら今のうちかもね。

ここってザブングルの加藤歩の生誕地らしい。
彼が子供の頃は活気のある商店街だったんだろうな。

バイクを止めていた駐輪場へ戻ったら
ちょうど名古屋行快速三重が
唸りながら通過していった。
貨物列車も四日市駅に停車していて
ディーゼル機関車のアイドリング音が楽しめた。

そこから国道23号線をわたって
四日市港方面にバイクで走ってた時に橋の上から撮った風景。
なかなかいい感じ。
漁船と毒々しい煙突。
四日市らしい風景。
好き嫌いが別れるところ。

貨物の支線に警報機のない踏切。

味があるね。

昭和の雰囲気を味わいたい人は
ぜひJR四日市駅近辺を歩いて回ってみるといい。

検索 廃墟 ディープ スラム 

スマートフォンで投稿

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント返しが最近めんどくさくなってきました。
ブログを書く意欲が削がれると駄目なので、勝手ながら暫くコメントへの返信はお休みさせていただきます。