2015年10月30日金曜日

CD125Tバイク 寒さ対策 風防の高さ調整

朝は随分と寒くなってきました。
こういう時は焚き火にかぎりますね。
廃材がたくさんあると助かります。

寒いので本日はバイクの風防の
高さをいじります。
夏場は暑いので、ステーの一番下まで
風防を下げてましたが…

とりあえずこの高さにしてみます。

風防がかなり高くなり、肩に
当たる風がほとんど無くなりました。

ただ、嫌なのがこの風防の縁。
かなり目障り。
試運転しながら目線を考えて、ベストな高さに調整する。

次に、レッグシールドの間を通り抜ける
風対策の風除けの取り付け。
この金網は風除けの布がマフラーやエンジンに接触しないように
するためのもの。
ダイソーで買ってきたやつ。
取り付けは針金で4箇所、レッグシールドの
金具へ縛ってあるだけ。

これが風除けのタレ布。
もちろん自作品。
ミシンで縫って作ってある。
材質は分厚い帆布。
上の切り欠き部分をハンドルの付け根のとこへ
差し込んで…

上でタレ布の紐を縛って固定する。

下は洗濯ばさみなどを使って
金網に布をピンと張って固定する。
これでかなり走行中に風が身体に当たらなくなって
暖かくなった。
足元のスースーも無くなった。


検索 バイク 風防 旭風防 スクリーン オートバイ バイク

スマートフォンで投稿

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント返しが最近めんどくさくなってきました。
ブログを書く意欲が削がれると駄目なので、勝手ながら暫くコメントへの返信はお休みさせていただきます。