2015年3月16日月曜日

完全手動 人力の手回し工具でアルミサッシの解体

長年物置に保管していたアルミサッシを解体することにしました。

アルミサッシを解体するにはプラスのドライバーが必要ですが
普通のドライバーでは手が疲れます。

そこで 二本爪のくりこ錐 を使います。
木工で使うクランク型の錐ドリルなのですが
これの先にインパクト用の六角ドライバーを挿して
ネジを回すと手が疲れません。
堅く締まったネジも楽に緩んでくれます。

緩めたら オートマチックドライバ を使って
長いネジを緩めると楽で早いです。

構造は伸び縮みする軸に螺旋の溝が掘ってあり
柄を押すと回転する仕組みです。
回転方向も変えられる装置も内蔵していて
緩めるのにも締めるのにも使えます。

昔の組み立て工場では電動ドライバーを使わずにこれで
締めむことも多かったものですね。

しかしネットで調べてみるといまだに製造してるんですね。
びっくりしました。


さて分解したアルミサッシの枠は金属買い取り業者へ
持ち込む予定。

これで物置が少し広くなりました。
着々と断捨離できてます。


検索 非電化工房 工具 昔の道具 

携帯投稿

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント返しが最近めんどくさくなってきました。
ブログを書く意欲が削がれると駄目なので、勝手ながら暫くコメントへの返信はお休みさせていただきます。