2012年2月5日日曜日

ホンダアクティバンの運転席 計器とスイッチ類

アクティバンの運転席の各種スイッチや計器類をご紹介。

まず、シフトノブには、電飾LEDの5連スイッチと
ステレオアンプのボリューム(音量調整つまみ)が
付いています。

走行中でもシフトノブから手を離さなくて操作できるので
とても便利です。

次に、メーター盤の下には、3連のトグルスイッチがあり
運転席と後部荷室のLED車内灯のオンオフが操作できます。

エアコンの吹き出し口に吊ってあるアナログ振分電流計は、
アクティバンの屋根に取り付けてある大型太陽電池システムから
バッテリーへの充電アンペア数や使用電力が運転しながらも
確認できるように見やすい位置に設置してあります。

そして、丸いのはアナログ温度計(拾い物)で、
これも見やすい位置に貼り付けてあります。

水色の四角いのは、MP3プレーヤーで、音楽を自作の
サラウンドステレオアンプに送ります。
プレーヤーは市販の携帯ホルダーで固定し
運転中でも操作しやすい位置にあります。


携帯投稿

2 件のコメント:

  1. こんばんは。
    この電流計はどこで入手されました?
    探しても針が左端にあるものしか出てきません・・・

    太陽光発電のバッテリ、充電時に水素ガスが出ると思うのですが処理の方は大丈夫ですか?

    自分も今、愛車に太陽光発電設置中です。

    返信削除
    返信
    1. 私もネットで探したんですが最近見ないですね。
      入手先ですが、愛知県の太陽光発電の店
      でしたが、どこだったかはっきり覚えてないです。
      10年以上に買ったもんで。

      一応型番を書いておきますので、メーカーに
      直接問い合わせしてみては?

      NISHIZAWA MK‐38
      メーカーHP
      http://www.nisic.co.jp/
      30Aの中国製のは見かけました。
      http://www.aiteku.com/shohin/product.php?categ=met&subcate=dea


      あと、水素ガス対策してないですよ。
      今まで爆発したことないんで。
      バッテリーの近くで火を使ったことも。
      まあ火を使う時は換気しながらなんで
      水素は軽いので上の窓のすき間から逃げていくのかも。

      しかし車内で充電は本来は危険かもしれませんので
      お薦めはしないですね。

      削除

コメント返しが最近めんどくさくなってきました。
ブログを書く意欲が削がれると駄目なので、勝手ながら暫くコメントへの返信はお休みさせていただきます。