2011年11月20日日曜日

灯油缶の代用の水筒 マナスルへの給油

マナスルなど灯油コンロやホワイトガソリン専用ストーブの
最大の弱点は、別に燃料タンクを用意しないと
いけないことでしょうか。

レギュラーガソリンが使える一部のコールマンや
123Rなどなら、バイクの燃料タンクから
直接移せば良いだけです。


写真の国防色の水筒は、中国軍の物で、
中国物産展で20年前に買ったもの。
これを長年灯油携行缶として使っています。

10年以上灯油入れ専用として使っていますが、
パッキンゴムが溶けたとか劣化や燃料洩ればないですね。

給油はガソリンスタンドにて行います。

最近のスタンドはセルフが多いので、大きなジョウゴも
持っていかないと給油できませんね。

給油機の中にはかなりの勢いで灯油が出る機種があるので
直接水筒に入れようとすると大失敗します。
ジョウゴも大きめの物でないとダメですね。

私はダイソーでステンレスのを買いました。

この日は水筒に0・2リットル給油。
20円もしませんでした。

セルフなんで店員に嫌な顔をされる心配もありません。

クレジットカードで支払いました。

あんまりたくさん買っても余らして黄色く変質させて
しまうだけですしね。


検索 燃料携行缶 ケロシン オプティマス ラジウス
ホワイトガソリン

携帯投稿 

2 件のコメント:

  1. ガラケーさんのCD125T は12Vでしょうか。
    6vのCD125Tがオークションに出品されてるので安く落札出来たらと購入検討中です。

    返信削除
  2. 私のは12vで5速です。
    おそらくオークションに出ているのは
    タンクが黒いものでしょうね。

    あれは4速でポイント点火です。
    デザイン的には私は好きですけどね。
    白いラインがフェンダーのふちに塗ってあります。

    メンテナンスに自信があるのでしたら、購入されても良いかもしれません。
    タンクの錆びには注意してくださいね。
    フィルターつければ良いんですけど、
    あんまりひどすぎるとダメですね。

    返信削除

コメント返しが最近めんどくさくなってきました。
ブログを書く意欲が削がれると駄目なので、勝手ながら暫くコメントへの返信はお休みさせていただきます。