2011年11月17日木曜日

オプティマスを使っての調理風景

長期バイク旅行中は基本、飯盒を使っての調理となりました。

飯盒は内蓋を利用して、米を炊くついでに蒸しものもしました。

南瓜やら高野豆腐入りの味噌汁なども
米を炊くと同時進行で中蓋で作ることができます。

ふくらし粉と小麦粉とバナナを練りこみ、
内蓋に入れておくと、バナナパンもできた。

缶詰やボンカレーを上の蓋に置いておくと、
御飯が炊き上がる頃には温かくなっていました。


オプティマスの灯油コンロは風にとにかく弱いので、
周囲を自作の四つ折りスクリーンで
囲って使います。

こうすれば、火が消えること無く安定するし、
効率よく鍋底に熱が通りました。

スクリーンは鉄工所のバイトをしてた頃に
鉄板を束ねていた梱包材を貰ったもの。

戸の蝶番を参考にして、自転車の古スポークで
4枚のブリキ板を繋いであります。

制作費0円ですが、防風効果は絶大。

これももう10年以上使っています。


そろそろ2代目のスクリーンを作ろうかと計画中。


検索 マナスル ラジウス 灯油バーナー ケロシン キャンプ

携帯投稿

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント返しが最近めんどくさくなってきました。
ブログを書く意欲が削がれると駄目なので、勝手ながら暫くコメントへの返信はお休みさせていただきます。