2011年11月9日水曜日

自作マナスルヒーターとダイソーのアルミ急須について

マナスルの点火試験を兼ねて、ダイソーで買ってきた
アルミ急須(やかん?)でお湯を沸かしてみました。

急須のレトロなデザインがマナスルにぴったりあいます。

外でマナスルを使う場合は、周囲を自作の
四つ折りスクリーンで囲います。

こうすると、熱効率が良くなり、風による炎の立ち消えも
なくなります。


あと、以前作った自作マナスルヒーターを
改良してみました。

いままでのよりコイル状に巻いた針金の位置を
下にして、火炎に直(じか)に当たるようにしました。

これでかなり熱の伝わりかたが、横方向にも
拡散するようになります。

材料は、目の細かい茶漉しが2個(二重に重ねる)と
シンクの排水の蓋とステンレスの針金で作ってあります。

制作費は420円ほどです。

まあ、性能はマナスルヒーターにはとうてい敵わないでしょうけど、
製造中止になってしまい、今では入手できず
冬場はこれで我慢しかないですね。


携帯投稿

検索 ラジウス オプティマス ケロシンストーブ
マナスル121

2 件のコメント:

  1. マナスルのスタンドに合う石油ストーブのヒーター部分はどうでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. この前ダイソーで小さな流し台用のを買ってきたのでこいつを改良予定です。
      またブログか動画にするかもですよ。

      削除

コメント返しが最近めんどくさくなってきました。
ブログを書く意欲が削がれると駄目なので、勝手ながら暫くコメントへの返信はお休みさせていただきます。