2011年10月24日月曜日

CD125T センタースタンドの延長

CD125Tのセンタースタンドを立てるとき
足の踏ん張り部分が短くて小さく大変なので、
延長しました。

まず、スタンドの先端を金のこぎりで切り落とし、
切り口の穴に自動車の車載工具だった
レンチの頭と柄を短く切ったものを差し込み、
溶接してくっ付けました。

溶接が下手くそでもパイプに4cmほど挿してあるので
かなり頑丈にできました。

これで以前よりも楽にスタンドをかけることが
できるようになりました。


携帯投稿

2 件のコメント:

  1. ヤス おっさん2011年10月24日 20:57

    溶接はおもった以上に楽しくてはまってしまう。

    返信削除
  2. 溶接ですが、200ボルトにしてから
    格段に溶け込みが良くなってきてます。
    楽しく快適な工作ができるように

    返信削除

コメント返しが最近めんどくさくなってきました。
ブログを書く意欲が削がれると駄目なので、勝手ながら暫くコメントへの返信はお休みさせていただきます。